らっきょうの効果

らっきょうの収穫時期と旬は?

らっきょうの収穫時期、旬について通常のらっきょう、花らっきょう、島らっきょうの場合で紹介しています。

 

一般的ならっきょう

らっきょうの栽培というのは8月中旬〜9月下旬に植え付けします。そして翌年6〜7月に収穫をします。つまりらっきょうの旬というのはこの収穫が始まる6〜7月ということになりますね。

 

 

花らっきょうの場合

花らっきょうの場合は収穫時期を通常のらっきょうよりもさらに1年遅らせています。つまり2回の冬越しをさせることになります。花らっきょう特有の繊維質の細かさ、触感はこの2回の冬越しからきています。

 

2015年の8月に植え付けしたとしたら、収穫できるのは2017年の6月頃ということになります。2015年、2016年、2017年と3つの年の間につくられる栽培方法を「2年掘り」「三年子」と呼びます。

 

島らっきょうの場合

沖縄の島らっきょうの場合はその温暖な環境や、島尻マージという特殊な土壌で栽培されるという点から通常のらっきょうの収穫時期とは異なってきます。8月末〜9月上旬に植え付けを行い、それから100〜120日ほどで収穫します。

 

島らっきょうにも伊江島産島らっきょう・八重瀬町産島らっきょう・原種の島らっきょうなどの種類がありますが最も収穫期が早いのは伊江島産島らっきょうになります。伊江島産島らっきょうはとくに香りが強いのが特徴です。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

らっきょうの栽培方法
やめられない止まらないシャキシャキでちょっとピリッとしたらっきょう。日本人にはなじみのある漬けものの一つですが、どのようにして栽培されるのでしょうか。
らっきょうの収穫後の出荷の仕方の違い
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
らっきょうの種類
らっきょうの種類を紹介しています。私たちが普段食べ慣れている漬けもの用のらっきょう以外にはどのようならっきょうがあるのでしょうか。
らっきょうの生産地ランキング
らっきょうの産地として有名なところを紹介しています。またランキングにするとどういた順番になるのでしょう。
らっきょうの花が咲く時期
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
らっきょう栽培における2年掘りとは
らっきょう栽培における2年掘りと1年掘りの違いについて解説しています。
玉らっきょうの特徴
玉らっきょうの特徴は?おいしい?という疑問に対する回答です。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ