らっきょうの栽培方法

らっきょうの栽培方法

やめられない止まらないシャキシャキでちょっとピリッとしたらっきょう。日本人にはなじみのある漬けものの一つですが、どのようにして栽培されるのでしょうか。

 

らっきょうの育て方

らっきょうの育て方を植え付け時期から収穫までまとめました。

 

植え付け時期

らっきょうの植え付けは一般的に8月下旬〜9月中旬にします。種球を子球に分けて芽の出るほうを上にして埋めます。

 

植え付けの場所

日当たりがよくて水はけがいいところが理想的です。基本どんな土質でも育つことができます。本来は耕作に適さないやせ地であっても十分立派に育ちます。ですがより良い質を目指すならば砂質土壌が最も適しています。

 

水やり

土の表面が乾いた時を見計らって定期的に水やりをします。

 

肥料

葉色が薄いなど状況に応じて必要そうなら肥料を使います。らっきょうは土壌への適応性が高いので基本的には肥料を必要としません。

 

収穫

収穫するのは収穫から翌年6〜7月です。最近は機械での収穫が一般的ですが、昔は全て手作業でした。

 

花らっきょうの栽培

福井県で生産される高級ラッキョウ「花らっきょう」は通常のらっきょうよりも1年遅らせて収穫します。それによりさらに皮が薄く繊維が細かくなりシャキシャキ感が増します。こういった栽培方法を「三年掘り」または「三年子」と呼んでいます。【関連記事:花らっきょうの栽培方法

<スポンサーリンク>

関連ページ

らっきょうの収穫時期と旬は?
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
らっきょうの収穫後の出荷の仕方の違い
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
らっきょうの種類
らっきょうの種類を紹介しています。私たちが普段食べ慣れている漬けもの用のらっきょう以外にはどのようならっきょうがあるのでしょうか。
らっきょうの生産地ランキング
らっきょうの産地として有名なところを紹介しています。またランキングにするとどういた順番になるのでしょう。
らっきょうの花が咲く時期
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
らっきょう栽培における2年掘りとは
らっきょう栽培における2年掘りと1年掘りの違いについて解説しています。
玉らっきょうの特徴
玉らっきょうの特徴は?おいしい?という疑問に対する回答です。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ