らっきょう栽培における2年掘りとは

らっきょう栽培における2年掘りとは

らっきょう栽培における2年掘りと1年掘りの違いについて解説しています。

 

 

1年掘りと2年掘りの違い

らっきょうには1年掘りと2年掘りがあります。それぞれの違いは以下の通りです。

 

1年掘り

植えてから1年後に収穫するらっきょうのことです。一つの種球から7個から10個ほどの大粒のらっきょうが収穫できます。

 

2年掘り

植えてから2年後に収穫するらっきょうのことです。2回の冬越しを経験することになります。一つの種球から30個から50個もの小粒のらっきょうが収穫できます。福井県の高級らっきょうである花らっきょうは2年掘りです。

 

小粒らっきょうのメリット

小粒のらっきょうは食べやすく、繊維も多いので特別な味わいを楽しめますが、数が多いので茎や芽の切り取りなどの下ごしらえが少々面倒になります。

 

2年掘りと3年子の違い

2年掘りと3年子は同じ意味と思ってもらっていいです。通常のらっきょうよりも収穫時期を1年おくらせるということですから、2015年の8月に植え付けしたとしたら、収穫できるのは2017年の6月頃ということになります。

 

2015年

2016年

2017年

 

と3つの年の間につくられる栽培方法を「三年子」と呼びます。この三年子の場合h皮が薄くなり繊維も細かくなるので、よく実がしまったシャキシャキカリカリとした食感が楽しめます。

<スポンサーリンク>
page top