にんにくは冷凍保存で長期保存がOK!

にんにくは冷凍保存で長期保存がOK!

一度にたくさん買ったにんにくをダメにしてしまったことありませんか? 健康効果の高いにんにくをムダにしないためにも長期保存にトライしましょう。

 

 

冷凍保存で1年間も保存可能!

にんにく球のまま、常温の風通しのいいところでつるし保存しても、せいぜい1カ月くらいしか持ちません。水分が抜けてスカスカになったり、芽が伸びたりして、結局捨てるはめになることも。

 

でも冷凍保存しておけば、芽が出てくることもなく1年間ももつのです。休眠状態になるので、栄養もそのまま維持されるので心配いりません。

 

冷凍にんにくの保存の仕方

・薄皮がついたまま冷凍すると1年間もちます。くっつくことがないので、ジップロックなどにそのまま入れてOKです。

 

・スライスやみじん切り、すりおろして加工したものは、1カ月もちます。調理しやすいように、使う分だけラップして冷凍します。

 

・調理する時の注意点は、冷凍のまま調理することです。解凍してから使うとドリップが出てしまい、風味や栄養分が失われてしまからです。

 

冷凍にんにくのレシピ

・薄皮のついた冷凍にんにくは、薄皮をとって丸のままホイル焼きにしたり、焼肉と一緒に焼いたりすると、ホクホクでおいしくなります。栄養分も閉じ込めたままなので、健康効果も抜群です。

 

・加工した冷凍にんにくは、炒め物やドレッシングなどにそのまま投入します。

 

 

これで安心して、おいしいにんにく料理に腕をふるえますね!

 

 

 

<スポンサーリンク>
page top