ネギについたアブラムシの駆除法

ネギについたアブラムシの駆除法

ネギは手軽に家庭栽培ができる反面、害虫がつきやすく、放っておくと被害が拡がり食用できなくなってしまいます。ネギに発生する害虫の中で、最も一般的なものがアブラムシです。ネギは食用のため、できる限り農薬の使用は避けたいものですが、アブラムシはネギに発生する害虫の中でも、無農薬で駆除できることで知られています。

 

アブラムシによる被害

ネギ類だけに発生する黒色のネギアブラムシは、葉に口針を刺し汁を吸います。被害にあった葉は成長が止まり、枯れてしまいます。アブラムシは繁殖能力が特に強く、一匹当たり数個〜数十個の卵を産むため、あっという間に増え被害も拡大します。放っておくと、株全体が枯れてしまうこともあります。

 

アブラムシの駆除

アブラムシは繁殖能力が高い虫が多いため、幼虫を見つけ次第、すぐに取り除くことで被害の拡大を防げます。被害が拡がってしまった場合は、無農薬の防虫スプレーを作り散布すると良いでしょう。

 

無農薬の防虫スプレー

アブラムシの呼吸機能を奪い死滅させる効果のあるものとして、牛乳や酢、中性洗剤をかけるという方法があります。酢は水と1:1で希釈したもの、牛乳はそのまま、もしくは水で薄めてスプレー容器にいれネギに散布します。中性洗剤は水に少量加え、油も少し足したものを牛乳スプレーと同様の方法で使用します。かけっぱなしの状態だと葉が枯れてしまうため、害虫が死滅した後はすぐに水で洗い流します。また、農薬使用に抵抗はあるが、手作りは面倒くさいという方は、デンプンが主成分になった防虫スプレーを購入し散布すると良いでしょう。

 

 
アブラムシは繁殖能力が高いため、短期間であっという間に増え、被害も拡がりますが、農薬を使うことなく手軽に駆除できる害虫でもあります。繁殖する前であれば、こまめに取り除くことで駆除できますが、増えてしまった場合は、手作りの防虫スプレーが効果的です。アブラムシ死滅後はネギの葉枯を防ぐために、水で洗い流すのを忘れないようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ネギ栽培における農薬使用
ネギは病害虫の被害は多く、主な害虫は9種類、病害は17種類に上ります。ネギアブラムシのように無農薬で防除できるものもありますが、ほとんどの害虫や病害の被害は農薬に頼らなければならないのが現状です。
ネギについた害虫の駆除法
ネギに被害を及ぼす害虫は主に9種類です。発生してすぐに取り除くのが得策ですが、放っておくと被害は拡がり、葉枯に繋がったり株ごと枯死してしまうこともあります。害虫の種類や被害、対策などをご紹介していきましょう。
ネギの病気、さび病とは?
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
ネギの発芽
ネギは一年中種まきが可能で、適した温度や湿度を保つほか、灌水量を守ることで比較的簡単に種を発芽させることができます。発芽に適した環境や注意点などをご紹介していきましょう。
ネギの種類
ネギは一年中流通している野菜ですが、東日本では白ネギが主に食されるのに対し、西日本では青ネギ(葉ネギ)を好んで食されるなど、地域によって好まれるネギが異なり、数えきれないほどの種類が存在します。その中でも日本で主に流通されているネギの種類をご紹介していきます。
ネギの花が食べられるって本当?
ネギは春先になると薹立ちし、ネギ坊主とも呼ばれる花の蕾ができます。「薹が立つ」とは、野菜などの茎が伸びて硬くなり、食用に適した時期が過ぎることを指します。ネギ坊主ができてしまうと葉部分は硬くなり、味が低下することで知られていますが、一方で、ネギ坊主は柔らかく食用に向いているようです。
ネギの葉の使い方
ネギの葉部分は軟白部に比べ、ビタミンC、ビタミンK、βカロテン、カルシウムの含有量が高く、使い方さえ分かれば食べる人も増えるでしょう。
ネギは猫にも毒?
犬にネギや玉ネギを与えるのは危険だということは広く知られている事実ですが、猫とネギの関係性については意外と知られていません。ところが、猫も犬同様にネギや玉ネギを食べると中毒を起こし、場合によっては死に至ることもあるため充分な注意が必要になります。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ