ネギの種類

ネギの種類

ネギの原産地は中国南西部で、血行促進や疲労回復に効果がある薬用植物として、紀元前から栽培されていた記述が残っているようです。日本では奈良時代にはすでに食用にされていた記録があります。ネギは一年中流通している野菜ですが、東日本では白ネギが主に食されるのに対し、西日本では青ネギ(葉ネギ)を好んで食されるなど、地域によって好まれるネギが異なり、数えきれないほどの種類が存在します。その中でも日本で主に流通されているネギの種類をご紹介していきます。

 

白ネギ

長ネギや太ネギ、根深ネギとも呼ばれる白ネギは、白い根の部分(軟白部)が長いのが特徴で、主にこの軟白部を食されます。熱を加えると柔らかく甘みが出るため、鍋やすき焼きなど加熱調理されるほか、水にさらして辛味を抜き、白髪ねぎとして生でも利用されます。主な種類に「千住ネギ」や「下仁田ネギ」、「金沢一本太ネギ」、「曲がりネギ」などがあります。

 

青ネギ

東日本で広く食される白ネギと異なり、青ネギは西日本で好んで食されています。葉ネギとも呼ばれる青ネギは、白ネギよりも細く、主に緑色の葉部分を食します。白ネギよりも辛味が少ないため、薬味として生で食されることが多いですが、味噌汁や炒め物など加熱調理にも利用されます。主な種類に「九条ネギ」、「万能ネギ」などがあります。

 

あさつき

糸ネギともよばれるあさつきは、青ネギのように細く葉部分が多いですが、青ネギとは別の種類です。青ネギよりも辛味があり、薬味として生食されます。

 

わけぎ

主に西日本で栽培されているわけぎは、近年になりネギとエシャロットの雑種であることが明らかになりました。青ネギやあさつき同様に葉部分が多く、見た目も似ています。辛味や香りは弱いものの、葉は柔らかく、薬味や炒め物として広く利用されています。

 

赤ネギ

根部分の外側が赤いのが特徴のネギ。内側はその他のネギ同様白く、熱を加えることで柔らかく甘くなります。主な種類に「レッドポワロー」や「平田赤ネギ」などがあります。

 

芽ネギ

主に関東で栽培されている長さ7cmほどの細いネギの芽。寿司のネタとして利用されています。

 

リーキ

ポロネギとも呼ばれる西洋ネギ。一般的な白ネギよりも太く、軟白部を食します。白ネギ同様、熱を加えることで甘みが出るため、煮込み料理やオーブン料理などに広く利用されます。

 
日本では数えきれないほどのネギが流通していますが、味や香り、用途も異なります。それぞれの特性を知ることで、料理に合ったネギ選びに役立つでしょう。

<スポンサーリンク>
page top