ネギの葉の使い方

ネギの葉の使い方

ネギは「長ネギ」や「太ネギ」、「根深ネギ」とも呼ばれる白ネギと、「葉ネギ」と呼ばれる青ネギがスーパーなど身近な店で入手が可能です。葉部分を主に食す青ネギと異なり、白ネギは軟白部を主に食すため、硬い葉部分は廃棄されることが多いようです。しかしながら、葉部分は軟白部に比べ、ビタミンC、ビタミンK、βカロテン、カルシウムの含有量が高く、使い方さえ分かれば食べる人も増えるでしょう。

 

 

青ネギの葉の使い方

西日本でネギというと、青ネギのことを指します。白ネギと比べて繊維のきめが細かいことから柔らかく、また香りもいいため、麺類の薬味など生食が好まれます。

 

香りは無くなるものの加熱料理にも合うため、スープ類や炒め物などにも利用されますが、加熱するとネギのシャキシャキとした食感が無くなるため、スープでも炒め物でも最後にさっと熱を通すだけで食されることが多いです。

 

白ネギの葉の使い方

白ネギの軟白部は熱を加えることで、柔らかく甘くなり、様々な料理に利用されますが、葉部分は繊維が硬く、廃棄されることも多いです。ところが、葉部分には白ネギよりもビタミンの含有量が多いことから、調理を工夫して食用にする人が増えてきました。

 

主な料理に煮物やスープ、炒め物があり、しっかり加熱することで柔らかくして食されています。また、刻んだ葉部分に熱したごま油をかけ、ネギ油を作っておくと長期保存もできて便利です。

 
青ネギの葉部分は柔らかく、生食をメインに加熱料理にも使われますが、白ネギの硬い葉部分は食べられることさえ知らない人が多いです。加熱すれば美味しく食べられるので、ビタミン摂取のためにも積極的に利用していきましょう。

<スポンサーリンク>
page top