ネギは猫にも毒?

ネギは猫にも毒?

犬にネギや玉ネギを与えるのは危険だということは広く知られている事実ですが、猫とネギの関係性については意外と知られていません。ところが、猫も犬同様にネギや玉ネギを食べると中毒を起こし、場合によっては死に至ることもあるため充分な注意が必要になります。

 

ネギ中毒の危険性

ネギや玉ネギに含まれるアリルプロピルジスルフィドという有機硫黄化合物は、血液中のヘモグロビンを酸化させ、赤血球を破壊する性質があるため、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を引き起こし、重度の症状に陥った場合は死亡することもあります。

 

ネギ中毒の症状

猫がネギを食べると、元気がなくなり、ふらつくことがあるほか、血色素尿が出たり、嘔吐、下痢、黄疸、胃腸障害、心拍数の増加といった症状があらわれます。

 

中毒症状の出方は、摂取量のほか、猫の年齢や体調、体質など個体差もあり、同量の摂取でも、症状があらわれやすい猫もいれば、自然治癒してしまう猫もいます。

 

ネギ中毒の注意点と対処法

アリルプロピルジスフィドは加熱しても中毒性は失われないため、ハンバーグなど猫が好みそうな肉料理の時には、猫が誤って口にしないよう注意が必要です。ネギ類を煮込んだスープにも成分は染み出ているため危険です。

 

 

猫がネギ類を食べてしまった時は、症状が出るまでに数日掛かることが多いため、猫の変化をよく観察し、症状を確認できたら即座に病院に連れて行きましょう。

 
ネギ中毒は、犬同様に猫にも起こります。加熱しても効力は落ちないため、猫が誤って食べてしまわないよう、飼い主が最善の注意を払いましょう。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ネギ栽培における農薬使用
ネギは病害虫の被害は多く、主な害虫は9種類、病害は17種類に上ります。ネギアブラムシのように無農薬で防除できるものもありますが、ほとんどの害虫や病害の被害は農薬に頼らなければならないのが現状です。
ネギについたアブラムシの駆除法
ネギに発生する害虫の中で、最も一般的なものがアブラムシです。ネギは食用のため、できる限り農薬の使用は避けたいものですが、アブラムシはネギに発生する害虫の中でも、無農薬で駆除できることで知られています。
ネギについた害虫の駆除法
ネギに被害を及ぼす害虫は主に9種類です。発生してすぐに取り除くのが得策ですが、放っておくと被害は拡がり、葉枯に繋がったり株ごと枯死してしまうこともあります。害虫の種類や被害、対策などをご紹介していきましょう。
ネギの病気、さび病とは?
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
ネギの発芽
ネギは一年中種まきが可能で、適した温度や湿度を保つほか、灌水量を守ることで比較的簡単に種を発芽させることができます。発芽に適した環境や注意点などをご紹介していきましょう。
ネギの種類
ネギは一年中流通している野菜ですが、東日本では白ネギが主に食されるのに対し、西日本では青ネギ(葉ネギ)を好んで食されるなど、地域によって好まれるネギが異なり、数えきれないほどの種類が存在します。その中でも日本で主に流通されているネギの種類をご紹介していきます。
ネギの花が食べられるって本当?
ネギは春先になると薹立ちし、ネギ坊主とも呼ばれる花の蕾ができます。「薹が立つ」とは、野菜などの茎が伸びて硬くなり、食用に適した時期が過ぎることを指します。ネギ坊主ができてしまうと葉部分は硬くなり、味が低下することで知られていますが、一方で、ネギ坊主は柔らかく食用に向いているようです。
ネギの葉の使い方
ネギの葉部分は軟白部に比べ、ビタミンC、ビタミンK、βカロテン、カルシウムの含有量が高く、使い方さえ分かれば食べる人も増えるでしょう。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ