ネギは猫にも毒?

ネギは猫にも毒?

犬にネギや玉ネギを与えるのは危険だということは広く知られている事実ですが、猫とネギの関係性については意外と知られていません。ところが、猫も犬同様にネギや玉ネギを食べると中毒を起こし、場合によっては死に至ることもあるため充分な注意が必要になります。

 

 

ネギ中毒の危険性

ネギや玉ネギに含まれるアリルプロピルジスルフィドという有機硫黄化合物は、血液中のヘモグロビンを酸化させ、赤血球を破壊する性質があるため、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を引き起こし、重度の症状に陥った場合は死亡することもあります。

 

ネギ中毒の症状

猫がネギを食べると、元気がなくなり、ふらつくことがあるほか、血色素尿が出たり、嘔吐、下痢、黄疸、胃腸障害、心拍数の増加といった症状があらわれます。

 

中毒症状の出方は、摂取量のほか、猫の年齢や体調、体質など個体差もあり、同量の摂取でも、症状があらわれやすい猫もいれば、自然治癒してしまう猫もいます。

 

ネギ中毒の注意点と対処法

アリルプロピルジスフィドは加熱しても中毒性は失われないため、ハンバーグなど猫が好みそうな肉料理の時には、猫が誤って口にしないよう注意が必要です。ネギ類を煮込んだスープにも成分は染み出ているため危険です。

 

 

猫がネギ類を食べてしまった時は、症状が出るまでに数日掛かることが多いため、猫の変化をよく観察し、症状を確認できたら即座に病院に連れて行きましょう。

 
ネギ中毒は、犬同様に猫にも起こります。加熱しても効力は落ちないため、猫が誤って食べてしまわないよう、飼い主が最善の注意を払いましょう。

<スポンサーリンク>
page top