ネギ栽培における農薬使用

ネギ栽培における農薬使用

ネギは病害虫の被害は多く、主な害虫は9種類、病害は17種類に上ります。ネギアブラムシのように無農薬で防除できるものもありますが、ほとんどの害虫や病害の被害は農薬に頼らなければならないのが現状です。しかしながら、食用であることから、使用される農薬は安全性が確認されている濃度の1/100で、農薬で健康被害がでることはまずないようです。病害虫の中でも、代表的な数種に焦点を合わせ、それぞれに適した農薬をご紹介します。

 

害虫に効果のある農薬

ネギハモグリバエの予防には、土に「ベストガード粒剤」を混ぜて植えます。発生した場合は、殺虫剤「ベニカ水溶剤」、家庭園芸用の殺虫剤「マラソン乳剤」が有効です。

 

ネギアザミウマの予防には植える際に土に混ぜる「ベストガード粒剤」、発生には持続期間の長い殺虫剤の「モスピラン粒剤」、家庭園芸用殺虫剤の「スミチオン乳剤」、殺虫効果が持続する浸透以降性殺虫剤の「ペニカ水溶剤」、即効性と持続性のある「ペニカベジフルスプレー」が効果的です。

 

アブラムシの発生には、野菜に使用可能な自然派殺虫剤「ベニカマイルドスプレー」や、天然やし油を使った殺虫剤「アーリーセーフ」を散布します。

 

ネキリムシの発生には殺虫剤「ネキリベイト」、ネギコガとシロイチモジヨトウには「ベニカS乳剤」が効果的です。

 

病害に効果のある農薬

さび病には炭酸水素カリウムを主成分とした「カリグリーン」や殺虫剤「STサプロール乳剤」、白網病には土壌殺虫剤の「フロンサイド粉剤」、黒斑病やべと病には薬害のほとんどない総合殺虫剤「STダコニール1000」が有効です。

 
ネギには多くの病害虫の種類がありますが、農林水産省によって定められた農薬を使用することで、安全かつ効果的に防除することができるでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ネギについたアブラムシの駆除法
ネギに発生する害虫の中で、最も一般的なものがアブラムシです。ネギは食用のため、できる限り農薬の使用は避けたいものですが、アブラムシはネギに発生する害虫の中でも、無農薬で駆除できることで知られています。
ネギについた害虫の駆除法
ネギに被害を及ぼす害虫は主に9種類です。発生してすぐに取り除くのが得策ですが、放っておくと被害は拡がり、葉枯に繋がったり株ごと枯死してしまうこともあります。害虫の種類や被害、対策などをご紹介していきましょう。
ネギの病気、さび病とは?
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。
ネギの発芽
ネギは一年中種まきが可能で、適した温度や湿度を保つほか、灌水量を守ることで比較的簡単に種を発芽させることができます。発芽に適した環境や注意点などをご紹介していきましょう。
ネギの種類
ネギは一年中流通している野菜ですが、東日本では白ネギが主に食されるのに対し、西日本では青ネギ(葉ネギ)を好んで食されるなど、地域によって好まれるネギが異なり、数えきれないほどの種類が存在します。その中でも日本で主に流通されているネギの種類をご紹介していきます。
ネギの花が食べられるって本当?
ネギは春先になると薹立ちし、ネギ坊主とも呼ばれる花の蕾ができます。「薹が立つ」とは、野菜などの茎が伸びて硬くなり、食用に適した時期が過ぎることを指します。ネギ坊主ができてしまうと葉部分は硬くなり、味が低下することで知られていますが、一方で、ネギ坊主は柔らかく食用に向いているようです。
ネギの葉の使い方
ネギの葉部分は軟白部に比べ、ビタミンC、ビタミンK、βカロテン、カルシウムの含有量が高く、使い方さえ分かれば食べる人も増えるでしょう。
ネギは猫にも毒?
犬にネギや玉ネギを与えるのは危険だということは広く知られている事実ですが、猫とネギの関係性については意外と知られていません。ところが、猫も犬同様にネギや玉ネギを食べると中毒を起こし、場合によっては死に至ることもあるため充分な注意が必要になります。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ