白ネギと長ネギの違いとは

白ネギと長ネギの違いとは

ネギには数多くの種類が存在しますが、味や形、用途が若干異なります。一般的にスーパーなど店頭で見かけるネギの種類として、青ネギや白ネギがありますが、長ネギという言葉を耳にすることも多いでしょう。長ネギと白ネギの種類の違いを聞かれると応えられない方が多いのですが、実際にはどのような違いがあるのか探ってみましょう。

 

 

白ネギと長ネギは同じ

白ネギと長ネギに違いはなく、単に表現から生じた名称の違いです。白ネギ、長ネギのほかに太ネギとも呼ばれています。白ネギ(長ネギ)は白い部分を長くするために、太陽の光が当たらないように土盛りをして育てられたもので「根深ネギ」に分類されます。そのため、ネギの白い部分が太く長い見た目から「白ネギ」や「長ネギ」と呼ばれるようになったようです。

 

名称の違い

地域による白ネギと長ネギの呼び方の区別はされていません。一般的に、根深ネギの白い茎部分のみを指すときに「白ネギ」、店頭に並んだ状態の青い部分も含む全体を指すときに「長ネギ」と呼ぶことが多いようです。

 

地域性の名称の違いとしては、歴史的な流通や気候の関係上、昔からネギといえば、西日本では青ネギ(葉ネギ)を指すのに対し、東日本では白ネギ(長ネギ)を指します。そのため、関西では白ネギ(長ネギ)のことを「東京ネギ」とも呼びます。

 
ネギは品種だけでも数多く存在しますが、同種の根深ネギだけでも、「白ネギ」、「長ネギ」、「太ネギ」、「東京ネギ」など、数多くの俗称があり、地域に限らず、場合により、名称の使い分けがされているようです。

<スポンサーリンク>
page top