白ネギと青ネギの違いとは

白ネギと青ネギの違いとは

ネギには数多くの品種が存在します。専門家や知識がある程度ある人でなければ全てのネギを見分けるのは難しいですが、一般的なネギの総称となる白ネギと青ネギはよく耳にし、ほとんどの人が見分けられるはずです。実際にどのような違いがあるのかご紹介していきましょう。

 

白ネギ

昔からネギというと、東日本では白ネギのことを指します。白ネギは「長ネギ」や「太ネギ」、「根深ネギ」と呼ばれるほか、関西では「東京ネギ」とも呼ばれています。

 

主に白い根の軟白部を食すため、栽培時には白根部に太陽の光が当たらないように3〜4回に分けて土盛りをし、白根部をより長く育てます。

 

白ネギの軟白部は生で食べると辛味が強い一方で、加熱するとトロリと甘くなり、鍋やすき焼きなどの煮込み料理に適しています。

 

代表的な白ネギの種類に、関東地域の「千住ネギ」、群馬の「下仁田ネギ」、栃木の「曲がりネギ」、石川の「金沢一本太ネギ」などがあります。

 

青ネギ

白ネギが東日本で広く食される一方で、西日本では主に青ネギが食されています。青ネギは「葉ネギ」」とも呼ばれ、主に緑色の葉の部分を食します。

 

白ネギのように土寄せ栽培は行わず、しっかり太陽の光を当てて葉部分を長く育てます。

 

青ネギは白ネギと比べ、繊維のきめが細かくて柔らかく、香りがいいのが特徴で、薬味のほかに炒め物料理に適しています。

 

代表的な青ネギの種類に、京都の「九条ネギ」、九州の「万能ネギ」などがあります。

 

 
白ネギ、青ネギともに加熱食、生食のどちらでも使用されますが、用途は全く異なります。それぞれの特性を活かした料理に使用することで、最も美味しく戴くことができるでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

白ネギの効能
白ネギは青ネギよりも辛味成分であるアリシン(硫化アリル)の含有量が高く、白ネギの摂取によりアリシンが持つ豊富な効能を得ることができます。
白ネギの栄養成分
ネギの栄養成分は、ビタミンC、ビタミンK、βカロテン、葉酸、カルシウム、アリシン(硫化アリル)、ネギオールと7種類で、青ネギ、白ネギともに栄養素は同じですが、それぞれの含有量が異なります。
白ネギの保存方法
白ネギは冬の定番ともいえる鍋やすき焼きには欠かせない具材の一つです。ところが、鍋は毎日となると飽きてしまうため、安く買ったものの使いきれず、冷蔵庫の中で痛むまで放置してしまうこともあります。そんな白ネギを長持ちさせる保存方法をご紹介していきます。
白ネギの冷凍保存のコツ
白ネギは、冷暗所保存、冷蔵保存、冷凍保存があり、白ネギの状態によって保存法も異なります。冷暗所や冷蔵の場合、保存期間は1〜2週間であるのに対し、冷凍はその4倍の1〜2カ月間となります。保存法の中で最も長く保存することができる冷凍保存のコツをご紹介していきましょう。
白ネギの旬の時期とは
白ネギの代表的な調理法として思い浮かぶのは、すき焼きや鍋など冬を代表する料理でしょう。そのため、白ネギの旬の時期は冬だけだと思われがちですが、産地や品種ごとに収穫時期は異なり、近年では年間通して美味しい白ネギが手に入るようになりました。品種や栽培時期の異なる白ネギの旬の時期をご紹介していきましょう。
白ネギの栽培法
ネギは中央アジア原産の単子葉植物網ユリ目ユリ科ネギ属の多年草で、世界中で約450種類、日本では18種類のネギ属植物が存在しています。栽培時期は、栽培地の気候により異なりますが、春蒔き・夏植えか秋蒔き・春植えが一般的となり、白ネギなどの根深ネギは、根元に土を盛る土寄せ法で栽培します。
白ネギの賞味期限
白ネギなど、野菜を購入する際、他の加工品とは異なり賞味期限が記載されていません。そのため、一度の食事で使い切れなかった場合、どのくらい日持ちがするのか気になるところです。白ネギの場合、保存状態により大幅に賞味期限が変わってくるので知っておくと役立つでしょう。
白ネギで有名な産地
日本国内の産地別ネギ総生産量は1位が千葉県、2位が埼玉県、3位が茨城県となります。その中でも白ネギは、関東地域の「千住ネギ」、群馬の「下仁田ネギ」、石川の「金沢一本太ネギ」」、栃木の「曲がりネギ」などが有名です。
白ネギと長ネギの違いとは
ネギには数多くの種類が存在しますが、味や形、用途が若干異なります。一般的にスーパーなど店頭で見かけるネギの種類として、青ネギや白ネギがありますが、長ネギという言葉を耳にすることも多いでしょう。長ネギと白ネギの種類の違いを聞かれると応えられない方が多いのですが、実際にはどのような違いがあるのか探ってみましょう。
白ネギに適した料理
白ネギは加熱食、生食のどちらも可能です。生で食べると辛味が強いですが、加熱することにより柔らかく甘くなります。白ネギは霜が降りる12月頃が最も美味しいため、冬の煮込み系の料理で使われることが多いのですが、煮込み以外にも生食、加熱食それぞれに適した白ネギ料理はたくさんあります。
白ネギの生食のコツ
白ネギは鍋やすき焼き、焼き鳥など加熱して食べることが多いですが、刻んで薬味やトッピングにするなど生食をする場合もあります。白ネギの軟白部は加熱することで甘味が増すのに対し、生はネギの主成分であるアリシン(硫化アリル)の影響で辛味成分が強いため、好き嫌いの好みは分かれるようです。
白ネギの青い部分は食べれるの?
青ネギ(葉ネギ)と違い、白ネギは主に軟白部を食べるため、硬い青い葉部分は廃棄されることが多いようです。しかしながら、青ネギ同様、葉部分はビタミンなど栄養価が高く、工夫し調理することによって美味しく食べることが可能です。白ネギの青い部分の利点や利用法についてご紹介していきましょう。
白ネギはダイエットに効果的
白ネギは鍋やすき焼きなど、寒い冬の料理には重要な具材の一つです。白髪ねぎなど生でも食され、和食には欠かせない食材。ビタミンが豊富な白ネギですが、ダイエット効果があるというあまり知られていない秘密が隠されていました。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ