白ネギと青ネギの違いとは

白ネギと青ネギの違いとは

ネギには数多くの品種が存在します。専門家や知識がある程度ある人でなければ全てのネギを見分けるのは難しいですが、一般的なネギの総称となる白ネギと青ネギはよく耳にし、ほとんどの人が見分けられるはずです。実際にどのような違いがあるのかご紹介していきましょう。

 

 

白ネギ

昔からネギというと、東日本では白ネギのことを指します。白ネギは「長ネギ」や「太ネギ」、「根深ネギ」と呼ばれるほか、関西では「東京ネギ」とも呼ばれています。

 

主に白い根の軟白部を食すため、栽培時には白根部に太陽の光が当たらないように3〜4回に分けて土盛りをし、白根部をより長く育てます。

 

白ネギの軟白部は生で食べると辛味が強い一方で、加熱するとトロリと甘くなり、鍋やすき焼きなどの煮込み料理に適しています。

 

代表的な白ネギの種類に、関東地域の「千住ネギ」、群馬の「下仁田ネギ」、栃木の「曲がりネギ」、石川の「金沢一本太ネギ」などがあります。

 

青ネギ

白ネギが東日本で広く食される一方で、西日本では主に青ネギが食されています。青ネギは「葉ネギ」」とも呼ばれ、主に緑色の葉の部分を食します。

 

白ネギのように土寄せ栽培は行わず、しっかり太陽の光を当てて葉部分を長く育てます。

 

青ネギは白ネギと比べ、繊維のきめが細かくて柔らかく、香りがいいのが特徴で、薬味のほかに炒め物料理に適しています。

 

代表的な青ネギの種類に、京都の「九条ネギ」、九州の「万能ネギ」などがあります。

 

 
白ネギ、青ネギともに加熱食、生食のどちらでも使用されますが、用途は全く異なります。それぞれの特性を活かした料理に使用することで、最も美味しく戴くことができるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top