白ネギに適した料理

白ネギに適した料理

白ネギは加熱食、生食のどちらも可能です。生で食べると辛味が強いですが、加熱することにより柔らかく甘くなります。白ネギは霜が降りる12月頃が最も美味しいため、冬の煮込み系の料理で使われることが多いのですが、煮込み以外にも生食、加熱食それぞれに適した白ネギ料理はたくさんあります。

 

 

白ネギの加熱料理

白ネギは加熱することでトロリと甘くなるため、煮込み料理が最も適しているといわれています。白ネギの代表的な煮込み料理は鍋やすき焼きで、大きめのぶつ切りにして使用します。

 

煮込み料理以外では、焼き鳥も人気料理の一つです。鍋やすき焼き同様、ぶつ切りにした白ネギを鶏肉の間に挟んで、串に刺し調理します。スライス状に切った白ネギは、スープに入れて煮込んだり、炒め物によく使用されています。

 

白ネギの生食料理

白ネギの生食は、主成分であるアリシン(硫化アリル)の影響で非常に辛味成分が強いことで知られています。そのため、薬味として使用される刻みネギは辛味が強いですが、和食のトッピングで使われる白髪ネギは、5〜10分ほど氷水にさらすことで辛味を抜いてから食されています。さらに、氷水にさらすことでシャキシャキとした食感もアップします。

 
白ネギは熱を加えると甘味が増すため、煮込み料理や焼き物、スープ、炒め物、オーブン料理など、加熱料理の用途は非常に多いです。一方で、生食は辛味が強いものの、白髪ネギのように氷水にさらし辛味を抜いて使用するなど、加熱、生ともに用途によって使用できる貴重な食材の一つです。

<スポンサーリンク>
page top