白ネギの冷凍保存のコツ

白ネギの冷凍保存のコツ

白ネギは、冷暗所保存、冷蔵保存、冷凍保存があり、白ネギの状態によって保存法も異なります。冷暗所や冷蔵の場合、保存期間は1〜2週間であるのに対し、冷凍はその4倍の1〜2カ月間となります。保存法の中で最も長く保存することができる冷凍保存のコツをご紹介していきましょう。

 

 

冷凍保存に適した白ネギの状態

冷凍するにあたり、白ネギは、細かく刻んだものやスライス状に切ったものなど、すぐに調理に使用できる状態が適しています。

 

使用する際には、解凍はせずにすぐに調理するのがコツです。一度解凍してしまうと水分が回ってしまい、白ネギのシャキシャキとした食感が失われてしまいます。こうした理由から、冷凍保存した白ネギは生食には向きません。調理する目的で保存するようにしましょう。

 

冷凍保存の方法

刻みネギ、スライス状ネギ共に、一回で使用する程度の少量をジップロックに入れ冷凍庫に保存します。少し凍ったら冷凍庫から一旦取り出し、ジップロック袋をよく振ることで白ネギ同士がくっつくのを防ぎます。振ったあとはすぐに冷凍庫へ戻します。

 

ネギを使用する際、ジップロック袋を再度振ってから使うと良いでしょう。白ネギを保存する時は、固まったり味や食感が落ちるのを防ぐため、事前にしっかり水分を取っておきましょう。

 
冷凍は保存方法の中で最も白ネギを長持ちさせます。一方で、冷凍する際には、事前に水分を取っておくことや、使用時に解凍せず直接調理するといったことを忘れてしまうと、白ネギの味や食感が失われてしまうため、注意が必要です。

<スポンサーリンク>
page top