白ネギの効能

白ネギの効能

ネギはビタミンC、ビタミンK、βカロテン、葉酸、カルシウム、アリシン、ネギオールが主な栄養素となり、緑黄色野菜の青ネギと淡色野菜の白ネギでは含有量が異なります。栄養価だけで見ると、青ネギの方が優れているように思われがちですが、白ネギは青ネギよりも辛味成分であるアリシン(硫化アリル)の含有量が高く、白ネギの摂取によりアリシンが持つ豊富な効能を得ることができます。

 

 

肉体面・精神面の回復に

白ネギやニンニクなどに豊富に含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収促進・持続させるため、疲労回復や肉体強壮、血行改善に効果があります。ビタミンB1不足が引き起こすイライラやだるさなどを緩和し、肉体面・精神面ともに改善が見込めるため、ビタミンB1の含まれる食材と一緒に摂取するのがお勧めです。

 

また、強力な殺菌・抗菌作用を持つことから、風邪など病気の予防にもなります。

 

冷え性や安眠対策に

アリシンは、ストレスや喫煙、紫外線、食品添加物などによって体内で起こる活性酸素を抑制する抗酸化作用に優れているため、生活習慣病の防止のほか、血行促進により冷え性の改善にも繋がります。

 

このほかに、アリシンには神経を鎮める作用があるため、なかなか寝付けないときや不眠症にも効果を発揮します。摂取するほか、アリシンの揮発性を利用し、刻んだ白ネギを枕元に置くだけでも効果があります。

 

アンチエイジングや美容に

アリシンが持つ強力な抗酸化作用により、細胞の活性化や血行促進に繋がるため、老化防止の効果があります。また、白ネギに含まれるビタミンCには、シミやそばかすの原因となるメラニンを抑制する作用があることから、美白効果が見込めるほか、肌荒れも防止してくれます。

 
ストレス社会といわれる現代、心身ともに疲れがちなときには、白ネギの摂取が効果を発揮してくれるはずです。また、殺菌作用が強いことから、風邪が流行る冬に鍋料理などで白ネギを摂取することは理に適っていると言えるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top