白ネギの生食のコツ

白ネギの生食のコツ

白ネギは鍋やすき焼き、焼き鳥など加熱して食べることが多いですが、刻んで薬味やトッピングにするなど生食をする場合もあります。白ネギの軟白部は加熱することで甘味が増すのに対し、生はネギの主成分であるアリシン(硫化アリル)の影響で辛味成分が強いため、好き嫌いの好みは分かれるようです。

 

 

白ネギの生食利用法

白ネギの生食は一般的に、白髪ねぎや刻みネギなどの薬味として使われます。

 

白髪ネギは、白ネギの軟白部の芯を取り除き、周りの白い部分のみを使います。周りの白い部分を繊維に沿って細い千切りにしてから、5〜10分ほど氷水にさらすことで、辛味を抜き食感をよくします。

 

刻みネギは水にさらさず、みじん切りにするだけのため、白髪ネギよりも辛味や臭いは残ります。

 

白ネギを生食する場合の注意点

白ネギは生食でたくさん食べると、白ネギに含まれる辛味成分のアリシン(硫化アリル)の影響で胃の粘膜が荒れることがあります。多く摂取する場合は、加熱したほうが安全です。

 

また、白ネギを生食で多く摂取すると、口の中や体内に吸収されたネギの臭いで口臭もきつくなるなるため注意が必要です。食後は歯磨きをするか、外出中の場合は口臭予防のガムやタブレットを利用するといいでしょう。

 

 

 

白ネギは用途により、加熱と生の両方を楽しむことができますが、生食の場合は主にトッピングや薬味などに使われ、和食には欠かせない存在です。一方で、胃の粘膜が荒れたり、口臭の原因になるため、食べ過ぎには注意が必要となります。

<スポンサーリンク>
page top