白ネギの賞味期限

白ネギの賞味期限

白ネギなど、野菜を購入する際、他の加工品とは異なり賞味期限が記載されていません。そのため、一度の食事で使い切れなかった場合、どのくらい日持ちがするのか気になるところです。白ネギの場合、保存状態により大幅に賞味期限が変わってくるので知っておくと役立つでしょう。

 

 

冷暗所保存

カットしていない状態の白ネギであれば、新聞紙に包んで冷暗所に保管することで1〜2週間保存できます。冷暗所の温度が10℃以上になるようなら冷蔵保存をお勧めします。白ネギに根が付いている場合は、土に埋めておくことで、保存期間は1〜2カ月まで延びます。

 

冷蔵保存

半分程度までにカットされた状態の白ネギであれば、新聞紙に包みさらにラップかビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れておくことで1〜2週間まで保存できます。ぶつ切り状のものや刻みネギは冷凍保存が可能ですが、痛みが早いため、1週間以内に食べきる方が良いでしょう。

 

冷凍保存

スライス状にカットした白ネギや刻みネギを冷凍する場合、約1カ月までの長期保存が可能です。水分はしっかり切った上で保存しましょう。

 

白ネギの傷み具合の目安

白ネギは、傷んでくると外側から茶色く変色してきますが、傷み始めであれば、変色した箇所を取り除くことで残りはまだ使用可能です。痛みが進んでくると、ぬめりが出たり、異臭がするため、廃棄するしか方法がなくなってしまいます。

 
白ネギは、保存法に気を付けることで賞味期限を延ばすことができますが、痛み始めてきたことに気づいたら、傷んだ箇所を切り捨て、残りは早めに食べきりましょう。

<スポンサーリンク>
page top