ネギが犬には毒って本当?

ネギが犬には毒って本当?

ネギや玉ネギの食用は私たち人間には問題ないものの、犬には毒だと言われています。よく聞く話ですが、ネギや玉ネギのどの成分が危険なのか、誤って口にした場合、どのような対処をすればいいのか分からない人が多いです。家族同然の愛犬が危険にさらされる前に正しい対処法を知っておきましょう。

 

 

なぜネギは危険?

ネギは殺菌や血行促進、抗酸化作用に優れ、風邪予防や症状を改善することで知られていますが、犬にとっては中毒を引き起こす原因ともなります。

 

ネギや玉ネギには、ネギ独特の臭いの元であるアリルプロピルジスルフィドという有機硫黄化合物が含まれています。アリルプロピルジスルフィドは赤血球中のヘモグロビンを酸化させることで、赤血球を破壊し、溶血性貧血やハインツ小体性貧血をを引き起こします。そのため、人間に比べヘモグロビン量が少ない犬などの動物は、細胞内のカリウムと血液中のカリウムのバランスを崩すことで死に至ることもあるのです。

 

ネギ中毒の症状

犬がネギを食べると、急に元気がなくなったり、倒れることがあります。嘔吐や下痢、血尿のほか、白目部分が黄色くなり黄疸の症状がみられることもあります。

 

これらの中毒症状は食べた直後ではなく、数日後に起こります。ネギを食べてしまった可能性があれば、しばらく犬の変化に注意し、症状が見られた場合は、早急に病院へ連れて行きましょう。

 

中毒を引き起こすネギの量は?

一般的に、犬の体重1kgあたり15〜20g以上で中毒を引き起こすといわれ、ネギや玉ネギそのものでなくても、成分がしっかり残っているスープなどで中毒を起こす場合もあるため注意が必要です。

 
人間にとって、ネギや玉ネギは身近で人気のある食品である反面、犬にとっては中毒を引き起こす可能性のある危険な食品です。ネギや玉ネギを誤って食べた場合は、数日間様子を見て、症状が出るようなら早めに受診することで早い回復を望めるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top