ネギ摂取後の下痢はアレルギーが原因

ネギ摂取後の下痢はアレルギーが原因

毎日ではないけれど、食事を摂った後にたまに下痢になり、その原因が分からないことってありますよね。もしかすると、ネギアレルギーが引き起こす下痢かも知れません。ネギはビタミンが豊富で風邪に効くなどの利点でフォーカスされることが多いですが、アレルギーがあることはあまり知られていません。ネギアレルギーは下痢のほかに様々な症状を引き起こすため、原因や対策など知っておいた方がいいでしょう。

 

 

ネギアレルギーの原因

ネギや玉ねぎの主成分でもあるアリシン(硫化アリル)は、優れた抗酸化作用や血行促進、強力な殺菌・抗菌作用がある一方で、硫化アリルの成分の一種である硫化プロピルはアレルギーを引き起こすことがあります。

 

硫化プロピルは生の白ネギ軟白部や生玉ねぎに含まれ、食事のほかに、調理中に呼吸から体内に取り込まれることもあるため注意が必要です。

 

ネギアレルギーの対策

ネギアレルギーを引き起こす硫化プロピルは、生の白ネギや玉ねぎに含まれ、加熱によりアレルギーを起こさないトリスルフィドに変化します。そのため、白ネギや玉ねぎの生食を避けることで、アレルギーの発症を防ぐことができるのです。

 

アレルギーの症状は下痢のほかに、頭痛や腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などがあり、調理中に触った肌の部分に腫れや痒みを起こすこともあります。症状は数時間ほどで治まることが多いですが、重度になると数日間続くこともあるようです。下痢の症状が長く続いたり、他の症状が見られるようであれば早めに内科にかかるのが良いでしょう。

 
下痢の症状が見られる前に、生の白ネギや玉ねぎを口にしていた場合や、その他の症状が当てはまるようであれば、ネギのアレルギー反応とみて間違いないでしょう。加熱調理をするのはもちろんのこと、調理時の接触や外食の際には充分な注意を払うことでアレルギーの発症を回避できるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top