ネギ摂取後の下痢はアレルギーが原因

ネギ摂取後の下痢はアレルギーが原因

毎日ではないけれど、食事を摂った後にたまに下痢になり、その原因が分からないことってありますよね。もしかすると、ネギアレルギーが引き起こす下痢かも知れません。ネギはビタミンが豊富で風邪に効くなどの利点でフォーカスされることが多いですが、アレルギーがあることはあまり知られていません。ネギアレルギーは下痢のほかに様々な症状を引き起こすため、原因や対策など知っておいた方がいいでしょう。

 

ネギアレルギーの原因

ネギや玉ねぎの主成分でもあるアリシン(硫化アリル)は、優れた抗酸化作用や血行促進、強力な殺菌・抗菌作用がある一方で、硫化アリルの成分の一種である硫化プロピルはアレルギーを引き起こすことがあります。

 

硫化プロピルは生の白ネギ軟白部や生玉ねぎに含まれ、食事のほかに、調理中に呼吸から体内に取り込まれることもあるため注意が必要です。

 

ネギアレルギーの対策

ネギアレルギーを引き起こす硫化プロピルは、生の白ネギや玉ねぎに含まれ、加熱によりアレルギーを起こさないトリスルフィドに変化します。そのため、白ネギや玉ねぎの生食を避けることで、アレルギーの発症を防ぐことができるのです。

 

アレルギーの症状は下痢のほかに、頭痛や腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などがあり、調理中に触った肌の部分に腫れや痒みを起こすこともあります。症状は数時間ほどで治まることが多いですが、重度になると数日間続くこともあるようです。下痢の症状が長く続いたり、他の症状が見られるようであれば早めに内科にかかるのが良いでしょう。

 
下痢の症状が見られる前に、生の白ネギや玉ねぎを口にしていた場合や、その他の症状が当てはまるようであれば、ネギのアレルギー反応とみて間違いないでしょう。加熱調理をするのはもちろんのこと、調理時の接触や外食の際には充分な注意を払うことでアレルギーの発症を回避できるでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

風邪予防にはネギが効果的
なぜ風邪をひいた時にネギが効くのか、どんな症状に効果があるのか知る人は少ないようです。ネギが持つ秘密に迫ってみることにしましょう。
風邪をひいたら首にネギを巻く、効果のほどは?
昔から「ネギを首に巻く」という民間療法が有名です。迷信だと思われていた「ネギ療法」の真偽と効果を探っていきましょう。
ネギと美容の関係
ネギは鍋やすき焼きなどの具材として利用され、冬には欠かせない食品の一つです。古くから風邪の症状改善や予防に効果があることで知られていますが、美容にも効果を発揮します。
ネギが犬には毒って本当?
ネギや玉ネギの食用は私たち人間には問題ないものの、犬には毒だと言われています。よく聞く話ですが、ネギや玉ネギのどの成分が危険なのか、誤って口にした場合、どのような対処をすればいいのか分からない人が多いです。家族同然の愛犬が危険にさらされる前に正しい対処法を知っておきましょう。
ネギアレルギーの症状とは
身体に良い食品のイメージが定着しているネギですが、ごく稀にアレルギー症状を引き起こすことがあります。アレルギーの原因や症状、注意点などをご紹介していきましょう。
胃もたれはネギが原因?
ネギは刺激が強いことでも知られ、食べ過ぎると胃もたれを起こすこともあるようです。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ