風邪予防にはネギが効果的

風邪予防にはネギが効果的

ネギは鍋やすき焼きなど、冬には欠かせない食材の一つです。古くから風邪の症状を改善することで知られており、風邪が流行る冬にはもってこいの食品です。ところが、なぜ風邪をひいた時にネギが効くのか、どんな症状に効果があるのか知る人は少ないようです。ネギが持つ秘密に迫ってみることにしましょう。

 

 

ネギの軟白部が効果テキメン

ネギはビタミンが豊富なことでも知られていますが、ネギが持つ主な栄養素の中で最も風邪に効果があるのが軟白部に多く含まれるアリシン(硫化アリル)です。

 

アリシンは強力な殺菌・抗菌作用があるため、ウイルスや風邪の予防に効果を発揮します。また、血行促進により体を温めるほか、免疫を上げ、疲労回復にも役立つため、風邪予防だけではなく、風邪をひいてしまった時の症状緩和にも効果があります。

 

ネギの葉部分は風邪の予防に

ネギの葉の部分には、ビタミンが豊富に含まれています。特にビタミンCには、のどや鼻の粘膜を強化することで風邪ウイルスの侵入を防ぐほか、免疫力を高め、風邪をひきにくい身体をつくってくれます。

 

風邪のどんな症状に効くの?

ネギに含まれる辛味成分のアリシンが持つ殺菌作用で、喉の痛みを緩和するほか、粘膜の強化で咳や痰にも効果を発揮します。また、血流を良くし体を温めることで、風邪による肩こりや体の強張りを和らげるほか、免疫力のアップにより、回復を早める働きもあります。

 
ネギの葉部分はビタミンが豊富なため、風邪の予防に効果を発揮する一方で、軟白部は予防のみならず、ひいてしまった風邪の回復を早める効果もあります。しかしながら、風邪が進行すると薬の力を頼る必要も出てくるため、風邪のひき始めの摂取が一番効果的だといえるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top