らっきょうの作りにおける注意点や失敗例を学ぼう

らっきょうの作り方 注意点 失敗例

らっきょう作りにおいて知っておくべき注意点や、ありがちな失敗を紹介しています。

手作りでのらっきょうはまた一段と美味しいものです。ですがその反面手作りに失敗もつきもの。私も何度かやらかしました。その失敗経験と対策を皆さんに知っていただきたいと思います。異様に辛くなった!塩漬けの工程を飛ばして、いきなり本漬けにした場合かなり味が辛くなってしまう可能性があります。塩漬けは味をマイルドにする役割があるので辛いのが苦手ならば飛ばさないことをおすすめします。【関連記事:らっきょうの「本...

らっきょう漬けが腐ると漬け汁が濁ったり、漬け汁の表面にカビが浮いている様子が確認できます。今回はらっきょうの漬け汁が腐るのを防止する方法について解説しています。保存場所に気をつけるらっきょうの保存場所については気を使いましょう。漬け物ならば冷暗所に保存しておくのが一般的です。これが日光が当たったり、温度の高いところに置いていると菌の繁殖が促進される恐れがあります。夏なんかは特に置き場所に注意する必...

せっかく自家製でらっきょうを作ってみたけど・・「味が薄い・・・」。何故でしょう。原因を解説しています。らっきょうの味が薄い原因とは味が薄い場合は大抵らっきょう酢の配合が原因だと思います。水に対して酢の割合が少なかったり。あとはまだ漬けが足りないかですね。今薄くてもあと3日待てば味が十分しみ込んでいるかもしれません。ですがらっきょう漬けは大抵2週間も漬けこめば十分味が染みわたります。それでも薄い場合...

らっきょうの塩漬け(下漬け)のときに泡が出てくる原因と対策について解説しています。泡の原因本漬けの前に殺菌や旨味出しを目的として行う塩漬けですが、その途中で泡がぷくぷくでてくることがあります。これはおそらく酵母の繁殖によるアルコール発酵が原因です。保管場所はどこに置いているでしょうか。塩分が低かったり、直射日光があたっていたり、保存温度が高かったりすると酵母が増えていきます。対策はまず泡をすくい取...

らっきょうの甘酢が濁ってしまった場合の原因や対策について解説しています。濁りの原因らっきょうの漬け汁の濁りは・容器の消毒不足・漬け液の塩分不足・保存場所の温度が高いなどが考えられます。塩漬けというのは殺菌・抗菌目的で行う部分が最も大きいですので、あまりに薄いと殺菌作用が弱く汁が白く濁ったり、表面に泡が浮いたりするようになります。また保存場所の温度が高かったり、直射日光に当たっていると雑菌が繁殖して...

らっきょうの芽の長さと鮮度の関係について解説しています。芽が長ければ長いほどらっきょうの鮮度というのはどうなっていくのでしょうか。芽が伸びているらっきょうは避けるべきまあべつに芽が毒なわけではないので、伸びたからといって食べれなくなるわけでもありません。ただ芽が伸びることで本体が痩せてしまったり、表面が乾燥して何枚も皮を剥かなくいけなくなったりするので避けるべきです。らっきょうの選び方同様の理由で...

page top