らっきょうの食べ方/色々なアレンジを試してみよう!

らっきょうの食べ方/色々なアレンジを試してみよう!

らっきょうには様々な食べ方があります。本章ではらっきょうアレンジの美味しい食べ方を紹介しています。

おすすめのらっきょう料理を紹介しています。通常のらっきょうは勿論ですが、島らっきょうやエシャレットを使った料理も紹介しています。らっきょう料理一覧らっきょうの食べ方は甘酢漬けだけではありません。以下のような料理の材料として活躍することもできるのです。●焼きらっきょう●らっきょうの天ぷら●らっきょうサラダとくにらっきょうサラダは夏の暑い夜にお酒と一緒に飲むのがたまりません!島らっきょう料理一覧●島ら...

らっきょうを生で食べることはできるのか?という疑問に対する回答です。らっきょうを生で食べることは可能?らっきょうは生でも食べることはできます。ただ島らっきょうと違って一般的ならっきょうを生で食べた場合かなり辛さが強烈だと思います。生の玉ねぎを食べた時に匹敵するのではないでしょうか。あと固いです。ユリ科の植物ですので胃への刺激も強く食べ過ぎは禁物です。中毒になることもありえます。生食用のらっきょうた...

今回はらっきょうのちょっと変わった食べ方として「らっきょうのワイン漬け」の作り方を紹介したいと思います。らっきょうのワイン漬けの作り方らっきょうのワイン漬けはらっきょうを好みのワインに漬けた料理なわけですが、さらに好みで黒コショウやレモン、リンゴ酢、ハーブといったアクセントを足すことでよりいっそう美味しくなると思います。■材料・塩漬けらっきょう・赤ワイン・水・砂糖■作り方1.塩漬けらっきょうを取り...

らっきょうの食べ方の定番中の定番といえば「甘酢漬け」でしょう。今回はその甘酢漬けの作り方のコツを紹介したいと思います。甘酢漬けの作り方の要点以下に下準備と保存といった作り方の要点となる部分をまとめます。材料・下準備●甘酢漬けをマイルドな味わいにしたいのなら、塩漬けは欠かせません。粗塩にて塩漬けをしたのちに、1〜2日かけて塩抜きし本漬けに入ります。【関連記事:らっきょうの本漬けって?】●甘酢の材料は...

らっきょうの蜂蜜漬けの漬け方について解説していきます。らっきょうの蜂蜜漬けとは甘い蜂蜜で漬けたらっきょうのことです。蜂蜜だけでなく塩、酢、水も配合したものに漬けるのが一般的です。蜂蜜らっきょうの漬け方まず基本的にはらっきょう作りのベースとして塩漬けをします。この塩漬けに大体10日くらいかけますね。材料としては以下がベターだと思います。■材料・らっきょう・はちみつ・甘酢(米酢、水、砂糖、赤トウガラシ...

ピクルス作りにらっきょう酢を利用することができます。ピクルスとはピクルスというのは単純に漬けもののことです。私たちはピクルスと聞いてハンバーガーに入っているキュウリのピクルスを思い浮かべると思いますし、その意味で使っている人がほとんどだと思います。ですが本来ピクルスというのは野菜を漬けたもの全般を指していますので、別にキュウリだけとは限りません。らっきょう酢をピクルス作りに利用らっきょう作りで余っ...

私も元々の性格が貧乏性なんでなんとか再利用できないものかと、色々調べたものです。それで試したものでとくにおすすめのものを紹介したいと思います。肉料理に肉にらっきょう酢をかけて煮ることで繊維がやわらかくなり、食べやすくなります。鳥の手羽先に使うことで骨離れもよくなりたべやすくなります。梅に青梅をよく洗ってらっきょう酢に漬けると何とも美味しい味がします。梅といったら梅干しですが、味は全然違いますね。蜂...

塩らっきょうというのはその名の通り塩水に漬けてつくるらっきょうのことです。そのまま食べてももちろん良いのですが、下記で紹介するように甘酢漬けや梅酢漬けのベースとして使うのが主流ですね。塩水の濃度は?塩水の濃度に関しては個人的な経験として目安は海水と同程度くらい、と決めています。料理をするうえで海水と同程度というのは大体3%くらいを意味しています。目安としては1Lの水に大さじ2杯ですね。甘酢漬けでも...

今回はエシャレットの様々な食べ方がわかる動画を紹介しています。エシャレット料理の作り方動画この動画でも紹介されていますが、エシャレットは味噌やマヨネーズをつけて生で食べるのが主流になっています。また動画内では以下のようなエシャレットを使って作る様々な料理の作り方も紹介されており、非常に参考になります。●エシャレットの生ハム巻き●エシャレットの塩コンブ和え●エシャレット豚しゃぶ●エシャレットのサンド...

page top