らっきょうの甘酢漬けの作り方

らっきょうの甘酢漬けの作り方

らっきょうの食べ方の定番中の定番といえば「甘酢漬け」でしょう。今回はその甘酢漬けの作り方のコツを紹介したいと思います。

 

甘酢漬けの作り方の要点

以下に下準備と保存といった作り方の要点となる部分をまとめます。

 

材料・下準備

●甘酢漬けをマイルドな味わいにしたいのなら、塩漬けは欠かせません。粗塩にて塩漬けをしたのちに、1〜2日かけて塩抜きし本漬けに入ります。【関連記事:らっきょうの本漬けって?】

 

●甘酢の材料は酢・みりん・砂糖・塩が基本。

 

●太いらっきょうに関しては味をしみ込みやすくなるため包丁を使って切り込みを入れておきます。

 

●漬ける容器に関してはよく熱湯消毒したガラス瓶を用いることをおすすめします。私の場合はインスタントコーヒーの瓶やジャム瓶を利用しています。

 

保存方法

●らっきょうに漬けるときにトウガラシを一緒に入れると保存中の殺菌に役立ちます。

 

●甘酢はたっぷりと入れましょう。らっきょうが甘酢の表面から出てしまわないように!

 

●らっきょうに空気が触れないように瓶を閉じる前にラップで甘酢の表面を覆っておきます。

 

●漬けてから2〜3日でも食べることはできますが、味が最もなじむのは2週間たってからです。

 

●らっきょうによく味をなじませる為に寝かせている間たまに瓶を回して、甘酢を全体になじませるようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

おすすめのらっきょう料理一覧
おすすめのらっきょう料理を紹介しています。通常のらっきょうは勿論ですが、島らっきょうやエシャレットを使った料理も紹介しています。
らっきょうを生で食べる
らっきょうを生で食べることはできるのか?という疑問に対する回答です。
らっきょうのワイン漬けの作り方
今回はらっきょうのちょっと変わった食べ方として「らっきょうのワイン漬け」の作り方を紹介したいと思います。
らっきょうの蜂蜜漬けの漬け方
らっきょうの蜂蜜漬けの漬け方について解説していきます。
ピクルス作りにらっきょう酢を利用できる!
ピクルス作りにらっきょう酢を利用することができます。
らっきょうの漬け汁の再利用方法
私も元々の性格が貧乏性なんでなんとか再利用できないものかと、色々調べたものです。それで試したものでとくにおすすめのものを紹介したいと思います。
簡単!塩らっきょうの漬け方
塩らっきょうというのはその名の通り塩水に漬けてつくるらっきょうのことです。そのまま食べてももちろん良いのですが、下記で紹介するように甘酢漬けや梅酢漬けのベースとして使うのが主流ですね。
動画でわかるエシャレットの食べ方
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ