らっきょうを生で食べる

らっきょうを生で食べる

らっきょうを生で食べることはできるのか?という疑問に対する回答です。

 

らっきょうを生で食べることは可能?

らっきょうは生でも食べることはできます。ただ島らっきょうと違って一般的ならっきょうを生で食べた場合かなり辛さが強烈だと思います。

 

生の玉ねぎを食べた時に匹敵するのではないでしょうか。あと固いです。

 

ユリ科の植物ですので胃への刺激も強く食べ過ぎは禁物です。中毒になることもありえます。

 

生食用のらっきょう

ただ生食用のらっきょうというのが「エシャレット」という名前で売られています。このエシャレットというのは1年物の若摘みのらっきょうのことです。

 

若採りなので身もまだやわらかく、強烈な辛さもありません。味噌やマヨネーズを漬けて生で食べるとすごく美味しいです。

 

らっきょうなのにエシャレット

なぜエシャレットというおしゃれな名前がついているかというと、これはたまねぎに似た西洋料理の香味野菜に用いられる「エシャロット」からきています。

 

もともと若採りのらっきょうは根らっきょうの名で売ろうと考えられていましたが、この名前では売れないと考えられエシャレットととして売られ始めました。

 

エシャロットとエシャレットは全くの別物の野菜です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

おすすめのらっきょう料理一覧
おすすめのらっきょう料理を紹介しています。通常のらっきょうは勿論ですが、島らっきょうやエシャレットを使った料理も紹介しています。
らっきょうのワイン漬けの作り方
今回はらっきょうのちょっと変わった食べ方として「らっきょうのワイン漬け」の作り方を紹介したいと思います。
らっきょうの甘酢漬けの作り方
らっきょうの食べ方の定番中の定番といえば「甘酢漬け」でしょう。今回はその甘酢漬けの作り方のコツを紹介したいと思います。
らっきょうの蜂蜜漬けの漬け方
らっきょうの蜂蜜漬けの漬け方について解説していきます。
ピクルス作りにらっきょう酢を利用できる!
ピクルス作りにらっきょう酢を利用することができます。
らっきょうの漬け汁の再利用方法
私も元々の性格が貧乏性なんでなんとか再利用できないものかと、色々調べたものです。それで試したものでとくにおすすめのものを紹介したいと思います。
簡単!塩らっきょうの漬け方
塩らっきょうというのはその名の通り塩水に漬けてつくるらっきょうのことです。そのまま食べてももちろん良いのですが、下記で紹介するように甘酢漬けや梅酢漬けのベースとして使うのが主流ですね。
動画でわかるエシャレットの食べ方
らっきょうがただの添え物にとどまらずかなりの健康効果・効能があることをご存じでしょうか。当サイトではらっきょうの健康・美容面での効果・効能をあますことなく紹介しています。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ