らっきょうの漬け方・作り方まとめ

らっきょうの漬け方・作り方まとめ

らっきょうの漬け方や作り方において大切な要点や手順を、これかららっきょう作りにチャレンジされる方へアドバイスしています。

らっきょうの漬物つくりにおける下ごしらえの全体的な流れを紹介しています。下ごしらえはらっきょうの旨味を引き出すのにとても重要な工程ですので是非参考にしてください。らっきょうの朝漬けの下ごしらえの流れ以下がらっきょうの浅漬けをする際の下ごしらえの流れになります。1.水洗いしてらっきょうの泥を落とします。2.薄皮を剥きましょう。3.熱消毒した瓶にらっきょうを入れます。4.らっきょうを瓶に入れて、塩水に...

長持ちする、腐らせないらっきょうの保存方法について解説しています。生らっきょうの保存生のらっきょうを保存する場合は土付きのまま新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で保存します。生の島らっきょうというのは常温だと成長が促進されて芽が伸びてきてしまうためです。芽に毒はありませんが芽が伸びることで本体が痩せてしまったり、表面が乾燥して何枚も皮を剥かなくいけなくなったりします。【関連記事:らっきょうの芽について...

らっきょうの保存期間について解説しています。本漬けするためにはどの程度の保存期間が必要になるのでしょうか。賞味期限に関する期間まず賞味期限に関する期間についてですが、自家製ならば冷蔵庫に保存することで1年は持つことでしょう。常温保存ならば約1カ月くらいの保存ならおいしく食べられるかと思います。本漬けのための保存期間らっきょう作りで味をつけるために漬け汁に入れてから、食べられるようになるまでの保存期...

らっきょうは本漬けをする前に「塩抜き」をやらなくてはいけません。今回は塩抜きの方法を紹介しています。塩抜きって?らっきょうを本漬け前に塩漬けする理由は二つあります。一つは腐敗防止。もうひとつは旨味を引き立たせるためです。ですが高濃度に塩漬けしたラッキョウをそのまま本漬けに持って行ってしまうと塩分が濃すぎてしょっぱいです。それは嫌なのでたっぷりの水につけて塩を抜く。これを「塩抜き」といいます。塩抜き...

らっきょう作りの基本である「本漬け」の意味について解説しています。本漬けにするとどんな違いが?らっきょうというのは色々な漬け汁のパターンがありますよね。●甘酢●味噌●蜂蜜●ポン酢●醤油などなど。そのバリエーションは個人個人の趣向によって千差万別でしょう。ですが例えば甘酢漬けを作る場合、いきなりらっきょうを甘酢に漬けるかというと、そうはしません。まずは塩でしっかりと下漬けをしてから塩抜き、その後甘酢...

漬け汁に生のらっきょうを浸して寝かせておくことで味を漬けていくわけですが、その漬け汁とらっきょうを入れるための容器というのは結構大事なんです。使う容器についてらっきょうを入れる容器というのは、漬け汁に酢を使うので瓶にすることが望ましいです。プラスチック製の場合はどうしても臭いがついてしまうので、他の用途に使いづらくなりますよね。もしもすでにプラスティック容器で作ってしまって臭いが付いてしまった場合...

らっきょうの賞味期限ですが、手作りの場合と保存食として市販されているものでは大きく事情が異なります。今回はらっきょうの賞味期限についてのお話です。自家製の場合の賞味期限どのみち漬け物なのでかなり長持ちするのですが、手作りの場合は最低でも1年以内には食べてしまったほうがいいかと思います。自家製のものは空気に触れているので、どうしてもあまりに時間がたちすぎると白く濁ったり表面に白いのが浮いてきたりしま...

らっきょうの酢漬けに使う材料を紹介していきます。らっきょうまずはらっきょうがないと始まりません。らっきょうといえば鳥取や福井県が特産地とされていますので、こういったところで育ったらっきょうを買うことをおすすめします。塩水水分やアクを抜いて腐敗防止をするための塩漬けに使います。またただ殺菌効果があるだけでなく塩漬けをすることで乳酸発酵を起こし甘み・旨味が増します。酢・砂糖・水本漬けに使う材料です。各...

らっきょうというのは専用の甘酢や塩水、はちみつなどに漬けて食べる漬けもののことですが、その漬ける汁のことを総称してらっきょう酢とします。らっきょう酢の作り方・レシピらっきょう酢でもっともベターなのが甘酢です。その作り方についてはYoutubeなどの動画投稿サイトで多数紹介されてますのでチェックしてみてください。またらっきょう酢は1から作らなくてもオタフクなどから売られています。自作の美味しさもあり...

らっきょうの塩漬けの作り方のコツを紹介しています。らっきょうの塩漬けの作り方らっきょうの塩漬けというのは、らっきょうを塩水に漬けてつくる食べ物です。●甘酢漬け●梅漬け●味噌漬けなどなど様々な食べ方があるわけですが、塩漬けというのはこういった食べ方のベースとして塩漬けするのもよくされるやり方です。以下に塩漬けの下ごしらえ、作り方を簡単に解説していきます。■下ごしらえ皮つきの場合は皮をむいて根と頭を切...

塩らっきょうというのはらっきょう作りの基本となります。塩味のまま食べてもいいし、塩抜きをしてから本漬けとして蜂蜜や甘酢につけてもいい。ベースとなる塩漬けをマスターすればどんな味のらっきょうでも美味しく作れるようになることでしょう。塩らっきょうの作り方塩らっきょうは以下のような手順で作ることができます。1.らっきょうの薄皮をはがし、流水で綺麗に洗う。2.根と芽を切り落とし、薄皮を剥く。3.鍋に水と粗...

梅らっきょう酢について解説しています。らっきょう酢と梅の組み合わせがグッド!あまり知られないことですがらっきょう酢と梅の組み合わせは大変素晴らしいです。味は蜂蜜梅のような旨味が口いっぱいに広がりやみつきになります。以下の作り方で簡単に作ることができるので是非お試しください。(ざっくりしてるので細かいレシピや材料などはクックパッドなどを参照してください)作り方1.青梅を洗う2.1を保存瓶に入れる3....

花らっきょうが美味しい理由にはその独特の栽培スタイル、収穫時期にありました。今回は花らっきょうの漬け方や栽培に関するお話です。花らっきょうとは花らっきょうというのは福井県で生産される高級ラッキョウのことです。とても美味しいらっきょうで、明治の初期から三里浜の砂丘地帯で栽培されてきました。花らっきょうが高級品たるゆえんは植え付けから3年もかけてから収穫するためです。とても小粒のらっきょうで小指の先ほ...

生で食べて美味しいらっきょう「エシャロット」ですが、もちろん漬けものにしても美味しいです。らっきょうですので!というわけで今回はエシャロットの漬物の作り方を紹介したいと思います。エシャロットの漬けものの作り方■材料:エシャロット・醤油・酢・酒・みりん・ゴマ1.味がよく染み込むようにエシャロットを繊維にそって適当に刻みます。2.ジッパー付きの袋にいれて、醤油・酢・酒・みりんを入れてよく揉みこみます。...

page top