らっきょうの効果

らっきょうの漬け物に使う容器は瓶?プラスチック?

漬け汁に生のらっきょうを浸して寝かせておくことで味を漬けていくわけですが、その漬け汁とらっきょうを入れるための容器というのは結構大事なんです。

 

 

使う容器について

らっきょうを入れる容器というのは、漬け汁に酢を使うので瓶にすることが望ましいです。プラスチック製の場合はどうしても臭いがついてしまうので、他の用途に使いづらくなりますよね。

 

もしもすでにプラスティック容器で作ってしまって臭いが付いてしまった場合は以下の方法を順番に実行してください。

 

1.容器に水を入れて大さじ一杯分の塩をいれてよくふる。
2.よく晴れている日に数日干す。

 

さて、使う瓶についてですがなんの瓶にするかは自由です。

 

●梅酒の瓶
●インスタントコーヒー用の瓶
●ジャムの瓶
●蜂蜜の瓶

 

このあたりを有効利用するのもがいいでしょう。

 

無理に大きい瓶を使う必要もありませんよ。たくさん作るつもりでも全部一緒に入れなくても小分けにすればいいと思います。

 

ちなみに島らっきょうで塩漬けにする場合はビニール袋やタッパーに入れて冷蔵庫に保存しておきます。【関連記事:島らっきょうの漬け方

 

らっきょう豆知識〜腐らせないために〜

容器に保存したらできるだけ中身が空気に触れないようにすることが大切です。空気中には常に雑菌がいるので、長い間空気に触れているとカビが生えてしまいます。

 

対策
どんな瓶だろうと空気は入ってしまいます。そのため瓶にらっきょうを入れて漬け汁に浸した後はラップを上から覆いかぶせてなるべく空気に触れないようにしましょう。そしてフタを閉めたあともラップで覆っておくとなお良いでしょう。

<スポンサーリンク>
page top