らっきょうの賞味期限について

らっきょうの賞味期限について

らっきょうの賞味期限ですが、手作りの場合と保存食として市販されているものでは大きく事情が異なります。今回はらっきょうの賞味期限についてのお話です。

 

 

自家製の場合の賞味期限

どのみち漬け物なのでかなり長持ちするのですが、手作りの場合は最低でも1年以内には食べてしまったほうがいいかと思います。

 

自家製のものは空気に触れているので、どうしてもあまりに時間がたちすぎると白く濁ったり表面に白いのが浮いてきたりします。【関連記事:らっきょうの漬け汁の腐り防止

 

これはおそらくカビが生えている証拠なので捨てるようにしてください。

 

市販食品の場合の賞味期限

市販のものは保存食なので、腐ることはないので基本いつまででも食べられるでしょう。私が最近食べた最古のもので4年ものがありますが、普通に美味しかったですよ。

 

ただらっきょうは常時保存だと時間とともにシャキッと感がなくなってふにゃふにゃになるのでそれが苦手な人は苦手かもしれませんね。

 

らっきょうの保存方法/長持ちさせるには

らっきょうは基本1カ月くらいで食べる分を、日当たりがない冷暗所に保管しておきます。

 

そして残りのものは冷蔵庫に入れておきます。こうしておくことでフタの開け閉めの回数を少なくして長持ちさせることができます。

 

漬け物は空気に触れすぎることで空気中の雑菌により色が落ちたり味が変わったりして腐敗の要因になる。

 

そして常温で保存しているものを全て食べ終わったら、また冷蔵庫のものから補給するといった感じです。常にらっきょうを美味しく食べるための豆知識です。

<スポンサーリンク>
page top