花らっきょうの漬け方・栽培方法

花らっきょうの漬け方・栽培方法

花らっきょうが美味しい理由にはその独特の栽培スタイル、収穫時期にありました。今回は花らっきょうの漬け方や栽培に関するお話です。

 

 

花らっきょうとは

花らっきょうというのは福井県で生産される高級ラッキョウのことです。とても美味しいらっきょうで、明治の初期から三里浜の砂丘地帯で栽培されてきました。

 

花らっきょうが高級品たるゆえんは植え付けから3年もかけてから収穫するためです。とても小粒のらっきょうで小指の先ほどしかありません。全体的に採れる量が少ないのです。

 

福井県では江戸時代かららっきょうの栽培があって明治後期から全国各地への出荷も開始していました。

 

細かい食物繊維で、この花らっきょうでしか味わえない歯ごたえがとても人気です。

 

花らっきょうと普通のらっきょうの違いとは

通常らっきょうの栽培というのは8月中旬〜9月下旬に植え付け、そして翌年6〜7月に収穫をします。

 

ですが花らっきょうの場合は収穫時期をさらに1年遅らせて冬越しを2回させるのです。花らっきょうの繊維が細かい理由はここにあります。

 

らっきょうを1年遅らせて収穫することによりさらに皮が薄く繊維が細かくなるのです。

 

こういった栽培方法を「三年掘り」または「三年子」と呼んでいます。

 

▼花らっきょうができる工程が非常にわかりやすい動画ですね▼

<スポンサーリンク>
page top