島らっきょうの下ごしらえ(下処理)の仕方

島らっきょうの下ごしらえ(下処理)の仕方

島らっきょうの浅漬けをする時の下ごしらえ(下処理)の方法を紹介しています。下ごしらえは料理の味を左右する大事な工程なのでポイントをおさえておきましょう。

 

 

島らっきょうを使った料理には

 

●浅漬け
●天ぷら
●ちゃんぷるー

 

などなどありますが、今回はもっとも一般的な浅漬けをする場合の下ごしらえの方法を紹介したいと思います。

 

下ごしらえの流れ

以下が浅漬けをする際の下ごしらえの流れになります。

 

1.水洗いして島らっきょうの泥を落とす

 

2.島らっきょうの葉と根っこ切り落とす

 

3.太い島らっきょうに関しては包丁を使って切り込みを入れる※味がしみ込みやすくなるため

 

4.粗塩を振り揉みこむ。

 

5.粗塩を揉みこんだ島らっきょうをタッパー等密閉容器に入れて二日寝かせる

 

6.寝かせ終えたら水で洗い流し薄皮を剥く

 

▼下ごしらえの様子がわかりやすく動画になっています▼

 

 

島らっきょう栽培の特徴

島らっきょうが他のらっきょうと差別化されている理由にはやはり栽培条件にあるでしょう。沖縄島尻マージという土壌の下で栽培されていて、水はけが良いのでラッキョウ栽培には向いているのです。

 

島尻マージというのは琉球石灰岩が風化して赤くなった土壌のことです。以下のような特徴があることが確認されています。

 

●保水力が低い
●排水がいい
●表面の土が柔らかく扱いやすい
●下層が硬くなりやすい

<スポンサーリンク>
page top