島らっきょうの塩漬けの保存方法

島らっきょうの塩漬けの保存方法

島らっきょうの保存方法について解説しています。

 

 

島らっきょうはどうやって保存する?

生の場合と塩漬けにした場合とでは保存方法が異なりますのでそれぞれ紹介します。

 

生の場合

直射日光や高温多湿の場所は避けて、生の場合は土付きのまま新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で保存します。生の島らっきょうというのは常温だと成長が促進されて芽が伸びてきてしまいます。ちなみに土付きは長持ちします。

 

塩漬けの場合

塩漬けにした場合も冷蔵庫で保存しておけば長持ちします。ただ臭いが結構強くて他に映るかもしれないのでジップロックに入れるなどしておきましょう。【関連記事:島らっきょうの塩漬けの作り方

 

賞味期限が過ぎた場合

市販されているような塩漬けは賞味期限を過ぎたとしても保存食なのでしばらくは大丈夫です。2カ月くらいすぎても加熱することで食べられます。自作の場合はつくってから2週間以内には食べたほうがいいでしょう。

 

寝かせ方は?

島らっきょうの塩漬けを作る時には、下ごしらえをして塩をまぶした後に2日ほど冷蔵庫に寝かせておきます。寝かせたあとはそのままお皿にもりつけて美味しくいただけます。

 

<スポンサーリンク>
page top