島らっきょうの漬け方

島らっきょうの漬け方

島らっきょうの漬け方を紹介しています。

 

島らっきょうとは
島らっきょうというのは沖縄で栽培されているらっきょうの呼称です。

 

 

島らっきょうの漬け方

島らっきょうの特徴は一般的ならっきょうと違って甘酢漬けにはされないという点です。生、または塩漬けだけで、あとは鰹節などを振りかけて食べます。

 

▼Youtubeより拝借。島らっきょうの塩漬け▼

 

※一般的に塩漬けはあくまで甘酢漬けや味噌漬けにする前の下処理としての役割である。

 

島らっきょうの食べ方

島らっきょうの代表的な食べ方として「浅漬け」と「天ぷら」があります。

 

浅漬けはらっきょうを塩に漬けて鰹節やおかかを振りかけポン酢やしょうゆで食べるシンプルな食べ方。

 

天ぷらは衣に包んで油で揚げて、塩やつゆにつけて食べる食べ方です。

 

どちらも沖縄の伝統的な食べ方でとっても美味しいですよ。

 

島らっきょうの栽培

島らっきょうの栽培での最大の特徴は土にあると思います。沖縄特有の島尻マージという土壌の下で栽培されていて、排水が良いのでラッキョウ栽培には向いているのです。

 

島尻マージ
琉球石灰岩が風化して赤くなった土壌。この土壌特有の性質として以下の点が挙げられる。
●保水力が低い
●排水がいい
●表面の土が柔らかく扱いやすい
●下層が硬くなりやすい

<スポンサーリンク>
page top