島らっきょうの育て方

島らっきょうの育て方

島らっきょうの育て方について解説しています。

 

 

島らっきょうの育て方

島らっきょうを育てるのにかかせない環境があります。それは沖縄特有の島尻マージという琉球石灰岩が風化して赤くなった土壌です。

 

島尻マージの特徴
■保水力が低い
■水はけがいい
■表面の土が柔らかく扱いやすい
■下層が硬くなりやすい

 

この土壌特有の性質が島らっきょう特有のしゃきしゃき感やぴりっとした辛みを生んでいるといえます。

 

▼島らっきょうの植え付けについて解説してくれています▼

 

島らっきょうの収穫時期

通常のらっきょうの場合8月中旬〜9月下旬に植え付けし、翌年6〜7月に収穫をします。

 

島らっきょうの場合はまた植え付け時期も収穫時期も異なってきます。8月末〜9月上旬に植え付けを行い、それから100〜120日ほどで収穫します。

 

つまり島らっきょうを収穫するのは9月初めから約3〜4ヶ月後の12月以降ということになりますね。

 

旬になるのは4月とか5月になります。ちょうど収穫が始まる冬はどうしても高くなりますね。

 

島らっきょうにも伊江島産島らっきょう・八重瀬町産島らっきょう・原種の島らっきょうなどの種類がありますが最も収穫期が早いのは伊江島産島らっきょうになります。伊江島産島らっきょうはとくに香りが強いのが特徴です。

<スポンサーリンク>
page top