エシャレットとらっきょうの違い

エシャレットとらっきょうの違い

エシャレットとらっきょうの違いがよくわからないという声があるようなので、簡単に違いを解説してみたいと思います。

 

 

らっきょうとエシャレットの違い

エシャレットというのは簡単にいえば若採りのらっきょうのことです。いきなり答えですが、エシャレットというのはらっきょうです。

 

生で食べるために品種改良された種です。まぎれもなくらっきょうですがお店では「エシャレット」という名前で売られています。

 

通常のらっきょうは生で食べれなくもないですがは固いし辛いのであまり美味しくありません。

 

エシャレットは薄皮がついていなくて、味もさっぱりして触感も柔らかいので水で洗えばそのまま食べることができます。味噌や醤油につけて鰹節などにまぶしてつけると美味しいです。

 

沖縄の島らっきょうも同様です。生で食べることができます。

 

エシャロットとエシャレットの違い

混同されやすいエシャロットですが、こちらはらっきょうではなく、らっきょうに近い種であるユリ科ネギ属の食べ物です。

 

ですがエシャレットという名前はこのエシャロットという食べ物を元にしています。

 

もともとは根らっきょうという名で売りだそうと考えられていた若採りのらっきょうですが、それではあまり売れないだろうということで、ちょっとお洒落なエシャロットという名前をいじったエシャレットという名前を採用したみたいです。

<スポンサーリンク>
page top