らっきょうを犬や猫にあげてはいけない

らっきょうを犬や猫にあげてはいけない

らっきょうを人間がおいしそうに食べているとペットの犬や猫が欲しがるかもしれません。ですがらっきょうを犬猫には決して与えないでください。その理由を解説しています。

 

 

らっきょうを犬や猫に与えると危険な理由

らっきょうのようなネギ類は犬や猫などのペットにはあげてはいけません。

 

ネギ類に含まれているアルルプロピルジスルファイド(長いw)といった成分はヘモグロビンを酸化させて赤血球を破壊する作用があります。

 

タマネギ中毒の症状

犬猫に与えることで胃腸障害や血尿、衰弱といった症状が出ることがあります。

 

食べ過ぎると中毒症状を起こして命に関わることもあるようです。ネギ類を食べて起こす中毒を「タマネギ中毒」といいます。

 

らっきょうを大量に作りすぎてもペットに与えるのだけはやめましょう。隣人に分けてあげてください。

 

少量なら良いというわけではない

でも少しならいいでしょ?というのは危険な認識です。欲しがるからと、たった一粒であっても危険な状態になる可能性はないとは言い切れないのです。

 

何故なら玉ねぎ中毒のその摂取量と中毒発症率の関係性は明確になっていないからです。品種や個体によっては例え少量であっても致死量に匹敵する可能性があります。

<スポンサーリンク>
page top