にんにく風呂、アトピーにも効く入浴方法

にんにく風呂、アトピーにも効く入浴方法

食べるとさまざま健康効果が得られるにんにくですが、お風呂に入れるにんにく風呂も健康によいようです。その効能と入浴方法をみてみましょう。

 

 

にんにく風呂の効能とは

にんにく風呂は新陳代謝を活発にし、血流もよくなるので冷え性や肩こり、腰痛によく効きます。常備野菜のにんにくで、すぐできるのでお手軽ですね。

 

もうひとつ、にんにく風呂の効能で注目されているのは、アトピー性皮膚炎の改善です。いろいろな刺激によって体にかゆみが起きる治りにくいアレルギーですが、今では乳幼児にも多くみられます。日本の患者数は250万人とも言われています。

 

なぜ、アトピー性皮膚炎に効くの?

にんにくに含まれるアリシンが効くのではないかということが研究でわかっています。それが適度に血流をよくし、新陳代謝を高めて、免疫力を上げてくれるようです。

 

また、殺菌力の強い成分が細菌を殺してくれるので、皮膚を強くしてくれるとも言われています。

 

にんにく風呂の入浴方法

・丸のままのにんにく(臭いを出さないため)1〜2個をネットやガーゼに包んで、お湯に浮かべます。

 

・38〜40度くらいのお湯に、20分くらいつかります。(アトピー性皮膚炎の方は、かゆくならない程度に)

 

・出たら、成分を流さないようにシャワーは使わないのがコツです。

 

 

ペットの皮膚病にも効果があると言われており、にんにく風呂の効能には期待が高まっています。お試しください。

 

 

<スポンサーリンク>
page top