にんにくは風邪予防に高い効果あり

にんにくは風邪予防に高い効果あり

昔から漠然と、にんにくは風邪に効くと言われてきましたが、ごく最近になりにんにくの風邪に対する研究結果が増えており、インフルエンザを含めたその効果がわかってきました。

 

 

にんにくの驚くべき抗菌・殺菌作用

にんにくの主要成分でもあるアリシンは、すぐれた抗菌・殺菌作用があることで知られています。ウィルスやチフス菌、淋菌、コレラ菌、サルモネラ菌などの病原菌、また胃潰瘍の原因であるピロリ菌、食中毒の原因である大腸菌O-157にも殺菌効果があると言われています。

 

例えば、にんにくの12万倍にも薄めた精油が、チフス菌やコレラ菌を死滅させたという報告もあるほど強力なのです。

 

インフルエンザにも効果あり!

にんにくが風邪やインフルエンザに対して効果があるという研究報告は増えています。ただ、その仕組みについてははっきりと解明されてはいません。

 

しかし、にんにくの驚異的な抗菌・殺菌効果を見て分かるように、その「抗ウィルス性」が風邪やインフルエンザにも有効である証明になっています。

 

その有効成分は、にんにくに含まれているアイリンや、スライスしたり、すったりすることで発生するアリシンであり、この強力な抗菌・殺菌作用が風邪やインフルエンザのウィルスを死滅させたり、弱体化させると考えられています。

 

 

このにんにくの効果は、予防効果です。風邪をこじらせてしまってからでは遅いので、普段からにんにくを少しずつ摂取するのがよいでしょう。

 

 

 

<スポンサーリンク>
page top