にんにくの害・副作用・注意点

にんにくの害・副作用・注意点

にんにくを食べる上で、アレルギーや食べ過ぎなど、害や副作用についての情報をまとめているカテゴリです。

にんにくを食べると口臭だけでなくて、おならまで臭いですよね。しかもそれが止まらなくて困ってしまいます。 なんでこうなってしまうのでしょう。対処法はあるのでしょうか?にんにくを食べるとおならが臭くて止まらない理由にんにくにはすぐれた抗菌・殺菌がありますが、とても強力です。そのために腸内の善玉菌まで弱体化させてしまい、悪玉菌が優位になってバランスが悪くなってしまいます。増殖した悪玉菌は食物を腐敗させ、...

にんにくは食べたいけど、口臭が気になって食べられない! そんな方は多いのではないでしょうか。口臭の原因と消し方を知り、健康に良いにんにくをもっと食べられるようにしましょう。にんにくの臭いの元は?にんにくをスライスしたり、すったりすると、アリインという成分がイオウ化合物であるアリシンに変化します。これが臭いの元。また、アリシンはすぐに他のイオウ化合物にも変化するので、口臭がなかなか抜けないのです。食...

さて今日はにんにく食べよ。と思っても、口臭が残るのが気になりますよね。人に会う予定によっては、やっぱりやめようっていうことも。にんにくによる口臭ってどのくらいで消えるのでしょう?にんにくの臭いの種類にんにくをスライスしたり、すったりすると、アリインという成分がイオウ化合物であるアリシンに変化して、強烈な臭いを発生させます。強いイオウ臭です。これを口に入れて体内に摂取するわけですが、その臭いには次の...

おいしいし、スタミナつくし、アンチエイジング効果があるにんにくを毎日食べたくなりますよね。はたしてにんにくは、毎日食べ続けてもよいのでしょうか?にんにくは薬と同じにんにくには、一度に食べ過ぎると、臭いがきつくなる、腹痛や下痢など胃腸障害を起こす、鼻血や歯ぐきから血が出る、めまいや貧血が起こる、皮膚トラブルが起きるなどの副作用があります。それは、にんにくの成分のアリシンに強力な抗菌・殺菌効果があった...

大人にとってにんにくはとても効能のある食材で、毎日でも食べたいものですが、赤ちゃんにとってはどうなのでしょう。参考にしてみてください。離乳食ににんにくはいつから使っていいの?調べてみたら、9〜10カ月から、1歳から、1歳半から、2歳から、とさまざまな意見が見られました。9〜10カ月からという根拠は、育児サイトにも書かれているからだそうです。1歳からという根拠は、レトルト離乳食の「1歳ごろからのカレ...

にんにくの健康効果は高いですが、副作用が起きる刺激が強い食物だということを覚えておきましょう。にんにくによって起きるアレルギーの原因と症状をみてみます。にんにくでアレルギーが出る原因・食べ過ぎると、にんにくの強力な抗菌・殺菌効果が逆効果となります。・にんにくに含まれるジアリルジスルフィドというアレルゲン物質が作用することがあります。・にんにくを加工した食品(にんにくチップやサプリ)を摂取すると出る...

にんにくを食べると下痢になるということはよく耳にするのですが、中には便秘になる人もいるらしいのです。なぜそうなってしまうのでしょう。なぜ、にんにくを食べると「便秘になる」?にんにくにはすぐれた抗菌・殺菌作用がありますが、とても強力です。そのために腸内の善玉菌まで弱体化させてしまい、悪玉菌が優位になってバランスが悪くなってしまいます。ですから、にんにくを食べ過ぎたり、空腹時に食べたりすると、人によっ...

にんにくは健康効果が高い反面、摂りすぎると人体にも影響を及ぼしてしまいます。食べ過ぎて起こるさまざまな症状と対処法をご紹介しましょう。食べ過ぎで、こんな症状がでます・臭いがきつくなる・腹痛や下痢など胃腸障害が起こる・血が止まりにくくなる・めまいが起こる・皮膚トラブルが起こるこんな症状が出ないように、1日に食べる量は生にんにくで1片、加熱したものでも3片までにしておきましょう。症状のいろいろ・にんに...

にんにくを食べた翌日にお腹がゆるくなったり、下痢をしてしまうことはありませんか? その理由と対処法について、みてみましょう。あなどれないにんにくの抗菌・殺菌作用生にんにくをスライスしたり、すったりして発生するアリシンは、すぐれた抗菌・殺菌作用があることで知られています。ウィルスやチフス菌、コレラ菌などの病原菌、また胃潰瘍の原因であるピロリ菌、食中毒の原因である大腸菌O-157にも殺菌効果があるほど...

page top