にんにくによる口臭はどのくらいの時間で消える?

にんにくによる口臭はどのくらいの時間で消える?

さて今日はにんにく食べよ。と思っても、口臭が残るのが気になりますよね。人に会う予定によっては、やっぱりやめようっていうことも。にんにくによる口臭ってどのくらいで消えるのでしょう?

 

 

にんにくの臭いの種類

にんにくをスライスしたり、すったりすると、アリインという成分がイオウ化合物であるアリシンに変化して、強烈な臭いを発生させます。強いイオウ臭です。

 

これを口に入れて体内に摂取するわけですが、その臭いには次の2種類があります。
1.口の中に残ったにんにくが発する口臭
2.にんにくが体の中に吸収されて発する体臭

 

3時間で消える口臭

口の中に残ったにんにくが発する口臭は、およそ3時間でなくなります。それだけであったら、歯を磨いたり、洗口液でゆすぐ、ミントガムをかむなどすれば、より早く消すことが可能かもしれません。

 

完全に消えるまでには48時間かかる

しかし、体内に入ったにんにくの臭い成分は、血液と一緒に全身をめぐります。厄介なのはこの臭いで、全身から体臭となって出てきます。腸や肺からも上がって口臭となって出てきます。

 

にんにくの量や代謝能力によりますが、この臭いはおよそ15時間は持続すると言われています。また、完全に消えるまでには、48時間もかかるそうです。

 

 

やはり、にんにくの臭いからは逃れられそうにありませんが、口臭の消し方には別途コツがあるようなので参考にしてみましょう。

 

 

<スポンサーリンク>
page top