にんにくを食べ過ぎるとどんな症状が出る?

にんにくを食べ過ぎるとどんな症状が出る?

にんにくは健康効果が高い反面、摂りすぎると人体にも影響を及ぼしてしまいます。食べ過ぎて起こるさまざまな症状と対処法をご紹介しましょう。

 

食べ過ぎで、こんな症状がでます

・臭いがきつくなる
・腹痛や下痢など胃腸障害が起こる
・血が止まりにくくなる
・めまいが起こる
・皮膚トラブルが起こる

 

こんな症状が出ないように、1日に食べる量は生にんにくで1片、加熱したものでも3片までにしておきましょう。

 

症状のいろいろ

・にんにくを食べ続けると、口臭だけでなく、体臭まで臭くなるといいます。
・にんにくに含まれるアリシンは高い抗菌・殺菌作用がありますが、強すぎると胃壁まで荒らして、腹痛・胃痛・吐き気・下痢などを起こします。食べ過ぎはもちろんですが、空腹時には食べないようにしましょう。
・にんにくに含まれる、血液をサラサラにするスコルジンという成分が効きすぎると、歯ぐきからの出血、鼻血などを起こします。
・また、それにより血中のヘモグロビン量が減少し、めまいや貧血を起こすこともあります。
・アリシンが変化した成分が、アレルギー性皮膚炎を起します。口内炎もできやすくなります。

 

対処法は?

症状が出てしまったら、まずは胃壁を守るため、牛乳やヨーグルトを摂取しましょう。腸内環境を整えることが大切です。

 

 

皆さんも食べ過ぎにはくれぐれも注意し、適度なにんにくをおいしくいただいて、健康に留意しましょう。

 

 

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

にんにくでおならが止まらない!どうしよう!
にんにくを食べると口臭だけでなくて、おならまで臭いですよね。しかもそれが止まらなくて困ってしまいます。 なんでこうなってしまうのでしょう。対処法はあるのでしょうか?
にんにくによる口臭の消し方
にんにくは食べたいけど、口臭が気になって食べられない! そんな方は多いのではないでしょうか。口臭の原因と消し方を知り、健康に良いにんにくをもっと食べられるようにしましょう。
にんにくによる口臭はどのくらいの時間で消える?
さて今日はにんにく食べよ。と思っても、口臭が残るのが気になりますよね。人に会う予定によっては、やっぱりやめようっていうことも。にんにくによる口臭ってどのくらいで消えるのでしょう?
にんにくは、毎日食べるなら適量を!
おいしいし、スタミナつくし、アンチエイジング効果があるにんにくを毎日食べたくなりますよね。はたしてにんにくは、毎日食べ続けてもよいのでしょうか?
にんにくはいつから赤ちゃんが食べていい?
大人にとってにんにくはとても効能のある食材で、毎日でも食べたいものですが、赤ちゃんにとってはどうなのでしょう。参考にしてみてください。
にんにくを食べるとアレルギーになる?原因と症状
にんにくの健康効果は高いですが、副作用が起きる刺激が強い食物だということを覚えておきましょう。にんにくによって起きるアレルギーの原因と症状をみてみます。
にんにくを食べると便秘になる?ならない?
にんにくを食べると下痢になるということはよく耳にするのですが、中には便秘になる人もいるらしいのです。なぜそうなってしまうのでしょう。
生にんにくで下痢! 対処法は?
にんにくを食べた翌日にお腹がゆるくなったり、下痢をしてしまうことはありませんか? その理由と対処法について、みてみましょう。

 
HOME らっきょう 島らっきょう にんにく ネギ 白ネギ